JUGEMテーマ:日記・一般

熊本地震
まだまだ余震が続いています。

今回の地震で大きな揺れ(揺れというより振動)が何度も来ましたが、室内の壁や天井に渡って壁紙に全く亀裂は見当たりませんでした。
ミサワホームの得意とするモノコック構造が効いているのかもしれません。

そこで、家の構造体も少し詳しく書いておきます。

この木質パネル接着工法は壁倍率が8〜11倍というデータがあり、水平荷重に対する変形量がとても小さいという事です。
(一般的なツーバイフォーは5倍〜と言われています)
水平荷重という事は、振幅の加速度と建物の重量が関係しますので、壁倍率が高くて、重量が軽いほうが良いという事でしょうか。
屋根は瓦じゃないので有利ですね。
しかし太陽光パネルがありました。
太陽光システムもミサワホームで施工したのですが、確か計算で問題がない事を確認したとの説明があったと思います。
先週はミサワホームの方が点検に来られて点検と家全体の写真を撮られ、太陽光パネルも確認されていました。

また構造体の事ですが、これだけ大きな地震が何度も来ると、将来的にも釘の緩みが心配なのですが、パネルは高分子接着剤+ボルト止めされていますので、釘だけの構造より不安な部分が減ります。

新築したときは「もっと大きな窓をー」と言っていたものですが、今は「壁が多くてよかったね」みたいな雰囲気になっています。


石膏ボードを貼る前の部屋の内部

一つのパネルは工場でこの状態のように3層構造で接着された状態で出荷され、現地で接着剤とボルト、金具、スクリュー釘などで結合されます。
パネル内には窓や断熱材も一体化していました。
配線が大変そう。


地盤改良を少し詳しく書いておきます。

元々この辺りは田んぼで大昔は海に砂が堆積したような地形です。
このような軟弱地盤に提案されたのがRES-P工法というものでした。



多数の鋼製パイプを地盤の直接打ち込む工法で、パイプと土質の摩擦力によって地盤を補強するようです。
うちの場合は基礎の内側を碁盤の目状(約70cm間隔)に長さ5.5mのパイプを147本打ち込んでありました。
その上にベタ基礎を乗っけた形になります。



剣山を逆さにした感じというか、ウェディングケーキの補強材を大量に差したみたいな?
今になって地盤調査のデータと施工報告書をじっくり見て、そうなんだーと。


地盤調査の報告書をこれほどしっかり見たのは初めて。
5mのところに固い層があったのでパイプの長さがこうなったのかな?
13mあたりが岩盤か?
 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://home.yume-enogu.main.jp/trackback/961760

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archive

Recommend

Recommend

ミッフィーはじめてのどうよう
ミッフィーはじめてのどうよう (JUGEMレビュー »)
斉藤伸子, 神崎ゆう子, 坂田おさむ, タンポポ児童合唱団, 春口雅子, 天野勝弘, 稲村なおこ, たいらいさお

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM